鏡の夜を超えて 第1章(冒頭部分)

by:蒼井 刹那   

 目の前に、扉が見える。
 現実に存在する扉ではない。プログラムによって可視化された、セキュリティの裏を突くための 裏口(バックドア) 。
「今ならまだ戻れるぞ」、と自身の心が囁く。
 ここで手を引けば、安穏とした今まで通りの生活を送ることができるのだぞ、と。
「……いや、」
 男は自身の甘い囁きを振り切るように首を振った。
「俺は、あいつのいない世界で、のうのうと生きていくわけにはいかない」
 全てを知る権利があるから。
 巧妙に隠蔽された事実を暴く必要があるから。
 たとえそれが己の身を滅ぼすことになっても構わない、と男は手を伸ばした。
 ここはメガサーバ『世界樹ユグドラシル』の麓。世界のネットワークインフラを支える、まさにネットワーク世界の世界樹。
 許された管理者しかアクセスできないと言われる強固なセキュリティに守られたその領域に、男は挑もうとしていた。
 目的はただ一つ、真実の解明。
 あれはただの事故ではない、隠蔽された事件なのだと、男の勘がそう告げていた。
 だから男は挑む。世界最難関のセキュリティに。勝ち目のない戦いに。
 だが男には勝算があった。
 たとえ最難関のセキュリティであったとしても、ヒトが作り出したものなら突破口も裏口もあると。
 男の手が扉に触れる。
「さあ、戦争の始まりだ」
 戦争、今の世界では失われた言葉。
 失われたと思われているが根強く残っている言葉。
 そして、
「これは俺とお前の、世界に対する戦争だ、和美かずみ
 今はもういない、パートナーに。
 その力を借りるかのように。
 男は、世界樹に侵入ダイブした。

 

第1章 出会い

 ――もし、雨が降っていたら。
 そんなくだらないことを考えていたらぽつり、と雨粒が降りかかってきた。
 ぽつり、ぽつり、ザーザーと雨脚はあっという間に強まり、痛み熱を持つ身体を冷やすかのように熱を奪っていく。
 ――いやマジであいつらやり過ぎなんですが。オーバーキルにも程があるだろ。
 数刻前の出来事を思い出す。
 最近話題のAR対戦ゲーム、その野良マッチで見知らぬ挑戦者に挑まれ返り討ちにしたら「お前のその動きチートだろ! ふざけんな !! 」と取り巻きと結託され暴行を受けたのだ。
 最近、あのゲームユーザー層の治安が悪くなってきたからな、そろそろ引退考えたほうがいいか? などと考えつつも彼は身じろぎして上半身を起こした。
 ご丁寧にもあのチンピラ風情は近くの路地裏に引き摺り込んで殴る蹴るの好き放題を働いてくれた。自力で大通りに出なければ誰も助けてはくれないだろう。
 身体はひどく痛むし多少の出血もあるが骨や内臓、頭に問題はなさそうだ、と判断した彼は上半身を起こしたところでふと違和感を覚えた。
 ――雨がかからない。
 つい先ほどまでひどく降られたし、まだ周りは雨音が大通りの喧騒とハーモニーを奏でている。それなのに、自分には水滴が落ちてこない。
 そこまで認識してから、彼は頭上を見上げた。
 目の覚めるような蒼。
 青空が、そこにあった。
「これはひどくやられたわね。立てる?」
 青空を思わせる鮮やかなブルーの雨傘が、差し伸べられていた。
「……あ、ああ……」
 傘の向こうに見える、雨に濡れた女性の顔に我に返り、彼が慌てて立ち上がる。
「いてて……」
「パッと見た感じ骨に異常はなさそうね。ついてきて、手当してあげる」
 とりあえずこれで血を拭いて、と差し出されたハンカチを反射的に受け取り、彼は女性の顔を見た。
 整った目鼻立ち、濃すぎず薄すぎない上品なメイク。
 美人の部類であることは容易に判断できた。
 なんで俺を、と思いつつも手当してもらえるなら助かる、と彼はハンカチで口元の血を拭い、
「あ……すまない、汚してしまった」
 シンプルなパステルブルーのハンカチについた血を手の中に隠すように謝罪した。
「気にしないで、どうせ百均の安物よ」
 傘はない? それなら相合傘で構わないわね? と女性は自分が濡れるのも構わず彼に傘を傾ける。
「いやあんたが濡れているだろ、俺にはお構いなく」
 そういえば天気予報で雨が降ると言われていたな、ちょっとコンビニで買い物してすぐに帰るつもりだったのにうっかり対戦してしまったんだった、そう彼は反省した。
 女性の傘には入らず、隣に並んで彼女に追従する。
 手当してくれるとはこの女性は近くに住んでいるのか、むしろ俺の方が近所のはずだが、という思いとこんな美人とお近づきになるなら多少遠くてもいいか、という下心が彼の中でせめぎ合う。
 しかし女性の足取りは迷うことなく彼を彼がよく知る場所へと誘った。
「え、」
 その部屋のドアを前にして彼が思わず声を上げる。
 表札に書かれた家主の名前は「永瀬ながせ 匠海たくみ」――彼のものだった。
「あんた、なんで俺の家を」
 傘を閉じて水滴を払う女性に問いかけた彼の声はわずかに乾いていた。
 あら、と女性が傘を広がらないように留めてから答える。
「貴方のオーグギア、セキュリティがガバガバだったから所有者情報からここを突き止めるのは簡単だったわよ」
 そのときになって、匠海は初めて女性がオーグギアの性能を上げる外部デバイスブースターを装着していることに気が付いた。
 これを装着している人間はよほどのゲーマーかハッカーくらいのものである。
 とにかく中に入って、手当てできないと女性が片手を挙げて玄関の自動ロックに触れる。
 ピッ、と電子音が響きロックが解除される。
「あんた……」
 ハッカーマジシャンなのかという言葉を飲み込み、彼――匠海が女性を見る。
 魔術師マジシャン――視界にAR情報を投影するウェアラブルデバイス『オーグギア』を用いて電子機器に侵入するハッカーの総称。
 かつての情報端末PCと違い、より感覚的に、直感的に操作できることからハッキングがeスポーツの一種となっているこの時代にわざわざ違法な一般端末侵入を行う人間がいて、しかも自分の目の前でその腕を披露してくれるという経験はこの世広しといえどもそうそうないぞ、と匠海は驚きを隠せなかった。
 彼のその様子に女性があちゃー、やっちゃった、と舌をペロリと出す。
「ごめんね、わたし本職はプロプレイヤースポーツハッカーだから侵入は得意なの。でも事情が事情とはいえこれは違法だから内密に、ね?」
 彼女が人差し指を立て、自分の唇に当ててから匠海の唇に触れる。
 殴られて腫れあがっているため痛むはずのその行為だったが、感覚が麻痺してしまったように彼は痛みを感じなかった。
 彼の心臓がドクン、と高鳴る。
(やばいやばいやばいやばい落ち着け落ち着け匠海、これは逆ナンとかじゃなくてただ俺を落ち着かせようとしているだけであってだな)
 自分にそう言い聞かせ、匠海は平静を取り繕いドアノブに手をかけた。
「心拍上がってるわよ。落ち着きなさい」
 そう言い、女性はさっさと匠海の部屋に踏み込む。

 


 

この物語の続きは書籍版で読むことができます。
書籍版のご購入はこちら(https://merryamor.booth.pm/items/4149168)

 


 

「いいね」と思ったらtweet! そのままのツイートでもするとしないでは作者のやる気に大きな差が出ます。