特殊ルール:速射

 

 

   特殊ルールとは

   速射とは

   戦闘ルールの変更点

   キャラクター同士が重なっている状態の速射

 

 

特殊ルールとは      

 

 GMが任意に使用の有無を選択出来るルールである。極めて小規模なサプリメント、アドバンストルールだと考えれば良い

 

 

▲上に戻る

 

 

 

速射とは      

 

 射程内の移動するユニットに甘い狙いながら射撃を行う事で、相手の移動を制限する。
 あるいはいつでも速射可能な体制を取ることで、相手が速射を恐れて自主的に移動を制限する事を狙う。
 本ルールは能力値の実装ではなく、単に可能な行動を追加するルールであるため、本ルールを導入する場合は、他のルールを導入する場合はより注意が必要。

 

 

▲上に戻る

 

 

 

戦闘ルールの変更点      

 

 メジャーアクション時に実行可能なアクションに「速射攻撃態勢」が加わる。

 

「速射攻撃態勢」は自身に「速射攻撃態勢」を付与する。

 

「速射攻撃態勢」は付与されている間、攻撃が可能な位置に移動してきたユニットに移動の途中、任意のマスに到達したタイミングでその処理に割り込んで「即時攻撃」のアクションを実行出来る。この即時攻撃により対象ユニットに実ダメージを与えた場合、そのユニットはその場で移動を停止する。この処理は一度の移動に対し一度しか使用できない。

 

▲上に戻る

 

 

 

キャラクター同士が重なっている状態の速射      

 

 キャラクター同士が重なっている状態で速射を受けると、そのマスにいる両方のユニットがその対象となる。 もしその結果、移動してきたユニットが実ダメージを受け、その場にいたユニットがダメージを受けていない場合は、その場にいたユニットが隣接マスにズレる。

 両方がダメージを受けた場合は、速射した側が片方を隣接マスにズラす。

 もし、隣接マスすべてが埋まっている状態の場合、ズラすユニットと同陣営のユニットのいるマスにずらし、そのマスにいる同陣営のユニットをさらに隣接マスにズラす。

 もし、隣接マスに速射された側から見て敵陣営のユニットしかいない場合は、速射をした側の任意のマスにズラし、そのマスのユニットから近接攻撃を受けてから、さらにその隣接マスにズラす。

 

▲上に戻る