特殊ルール:戦闘-回復

 

 

   特殊ルールとは

   回復とは

   戦闘ルールの変更点

   追加原成功要素

 

 

特殊ルールとは      

 

 GMが任意に使用の有無を選択出来るルールである。極めて小規模なサプリメント、アドバンストルールだと考えれば良い。

 

 

▲上に戻る

 

 

 

回復とは      

 

 戦闘中にVPを増加させることを意味する。A-AWsベーシックの戦闘ルールはひたすらVPを減らし合うものであったが、本特殊ルールの導入によりそこに幅が生まれる。
 VPの回復手段を与えるという事は、戦闘の長期化を招きかねない。特に敵ユニットが所持している場合はなおさらである。本ルールの導入の有無はプレイヤーに必ず周知する事、また、導入するということは敵ユニットが使用することもあることを周知する事を推奨する。
 このルールを導入する事によって戦闘終了時のVP回復を禁止するかはGMの裁量に任せられる。ただし本ルールは特にリソースを費やすものでもないため、基本的に戦闘中以外に本ルールを用いる意味は少ない。導入するなら何らかの時間コストの概念を導入する事。

 

 

▲上に戻る

 

 

 

戦闘ルールの変更点      

 

 メジャーアクション時に実行可能なアクションに「回復」が加わる。

 

 「回復」は自身若しくは対象のVPを回復の能力値分だけ増加させる。この時、最大VPを超えて増加することはない。射程:隣接【拡張可能】

 

 

▲上に戻る

 

 

追加原成功要素      

 

 回復の能力値がある以上、当然特殊記述「回復」も存在する。以下に記す3つを特殊記述「回復」の原成功要素として追加する。

 

[回復能力] 回復
何らかの能力により自身や他者を回復する原成功要素。

 

[回復技術] 回復
医術などの技術により自身や他者を回復する原成功要素。

 

[回復道具] 回復
薬やパッドなどにより自身や他者を回復する原成功要素。

 

 

▲上に戻る